来春の選抜甲子園につながる第70回秋季北海道高校野球大会(道高野連など主催)旭川支部予選の組み合わせ抽選会が1日、旭川スタルヒン球場で行われた。

 A、Bブロックに分かれてトーナメント方式で8日から同球場で熱戦が繰り広げられる。旭川支部所属のうち21校が出場するが、来春から統合となる留萌と留萌千望が合同チームで出場するため、20チームが全道大会出場をかけて争う。

 順調に進めば16、17日に準決勝、18日に代表決定戦を行う。代表となった2校は、10月1日から札幌円山、札幌麻生の2球場で開かれる全道大会に出場する。

 夏の北北海道大会で4強入りした旭大高は8日午前9時からの開幕試合で旭...    
<記事全文を読む>