第70回秋季全道高校野球大会釧根支部予選(道高野連など主催)の組み合わせ抽選会が31日、釧路市の釧路江南高校で開かれた。19校14チームがA、Bの2ブロックに分かれ、13日から釧路市民球場で熱戦を繰り広げる。

 春と夏の支部予選は別海町営球場で行われたが、今大会から再び、改修工事が終わった釧路市民球場で開かれる。部員の少ない複数校でチームを組む連合は「阿寒・釧東・釧商・白糠」「根室・根室西・標津」の2チーム。単独出場は12校となり、釧高専と羅臼は出場しない。

 開会式は13日午前9時半から行われ、厚岸翔洋の東義羅(あずまちから)主将(1年)が選手宣誓。釧路江南高吹奏楽部が入場行進す...    
<記事全文を読む>