ちぎれんばかりに腕を回し、味方のヒットを喜んだ。それが仕事だ。地元関西、甲子園の大舞台。聖心ウルスラ学園(宮崎)の浜内侑良(3年)は三塁コーチとして、完全燃焼した。

 聖光学院(福島)との2回戦。2回、3人の走者の生還を後押しした。「1回戦(早稲田佐賀戦)は迷いもあったけど、今日は全力でやれました」。その後、逆転された。2点を追う9回に先頭打者のソロで追い上げたが、そこまで。自身は宮崎大会も通じ、試合出場なく最後の夏を終えた。

 「複雑な気持ちもあります。でも、ベンチに入れなかった仲間だっている。下は向けません。堂々とプレーできました。後悔はないです。野球はここまで。高校までと決め...    
<記事全文を読む>