【甲子園臨時支局】第99回全国高校野球選手権大会第10日は18日、兵庫県西宮市の甲子園球場で3回戦4試合があった。第3試合に登場した県代表の明豊は神村学園(鹿児島)と対戦、延長十二回、9―8で逆転サヨナラ勝ちし、8年ぶりの県勢8強入りを果たした。

 満員の甲子園に今夏2度目の校歌を響き渡らせたナインは、大応援団が待つ一塁側ベンチに猛ダッシュし、喜びを爆発させた。

 ほかに天理(奈良)三本松(香川)東海大菅生(西東京)が準々決勝に進出した。

 試合後に抽選があり、明豊は大会第12日の20日、準々決勝第2試合で、天理(奈良)と4強入りを懸けて戦うことが決まった。

 明豊は3点を勝ち越された...    
<記事全文を読む>