第99回全国高校野球選手権大会第10日は18日、3回戦4試合があり、5年ぶり4度目出場の鹿児島県代表・神村学園は延長12回の末に8-9で明豊(大分)にサヨナラ負けし、初のベスト8進出はならなかった。

 神村は3点を追う9回、代打南川、1番後藤、2番羽月の3連打で同点。延長12回は後藤のセーフティースクイズが失策を誘って3点を勝ち越した。だが、その裏2死走者なしから暴投や適時打で同点とされ、最後は押し出し四球を与えた。

...    
<記事全文を読む>