延長十二回2死走者なしから、3点差をひっくり返しての逆転サヨナラ劇-。18日の第99回全国高校野球選手権大会で、ベスト8を懸けた明豊(大分)と神村学園(鹿児島)の九州対決は大接戦となり、土壇場で明豊が勝利をつかんだ。ミラクル大逆転への口火となる安打を放ったのは松谷尚斗選手(3年)。聴覚障害で野球ができなかった父と二人三脚で練習を積んできた松谷選手の、父への感謝を込めた一打だった。

 あと1人でゲームセットとなる場面だった。「何が何でもつなぐ」。打球がセンター前に抜け大歓声が起きたアルプス席で、松谷選手の父晃弘さん(46)も笑顔でメガホンをたたいた。

 和歌山県出身の晃弘さんは、生ま...    
<記事全文を読む>