【甲子園臨時支局】県代表の明豊は16日、兵庫県西宮市の津門中央公園野球場で約2時間半、調整に励んだ。

 3回戦の神村学園(鹿児島)戦(18日午後1時試合開始予定)に向け、体をほぐした後に守備、打撃の順に練習した。

 湿度が高く、少しじめじめした中での調整となったが、選手は元気そのもの。守備練習では相手が足を使ってくることを想定し、バント処理などに力を入れた。雰囲気はよく、好プレーが出ると「いいねーそのグラブ」と冗談交じりにたたえ、ミスが出れば「最後までボールから目を離すな」など、互いに励まし合いながら、精度アップに努めていた。

 打線は変化球に対する体重移動やタイミングの取り方に重点...    
<記事全文を読む>