明豊の主砲杉園大樹(3年)が兵庫県尼崎市の尼崎ベイコム球場での打撃練習中、センタースコアボードの電光掲示板の一部を破壊する特大の一発を放った。

 同球場の最深部は119メートル。ライナー性の打球がフェンスのさらに上にある電光掲示板を直撃し、球場関係者も「あんな所を壊す打球は見たことがないぞ」とビックリするほどだった。

 「本当に(壊して)すみませんという気持ち。甲子園入りしても絶好調です」と杉園。杵築市(山香町)出身で同球場で働く河野孝一さん(69)は「阪神(タイガース)にきてくれ」とラブコールを送り、「今年の大分は楽しみだね」と喜んでいた。

...    
<記事全文を読む>