第99回全国高校野球選手権(甲子園球場)に県代表として臨む明豊ナインが1日、甲子園に向けて出発した。

 同校で出発式があり、小野二生校長が「県民の期待に応え、いい報告ができるよう頑張って」と激励。赤峰淳部長が「大分でやってきたことをしっかり甲子園で行い、ベストな状態で臨む」、三村鷹人主将(3年)が「皆さんの支えで野球ができる。結果でしか(この恩は)返せないので、まずは初戦突破したい」と力強くあいさつした。

 この後、一行はJR別府駅へ。甲斐裕明駅長や保護者らに見送られ、宿舎のある大阪へ向け出発した。

 大会は4日に組み合わせ抽選会があり、7日に開幕する。
<記事全文を読む>