秀岳館(熊本)のセンター竹輪涼介(3年)は、ゴロを捕って流れるようにバックホーム体勢に入った。

 広陵(広島)との2回戦。2回1死二塁、中前打で二塁走者が三塁を回る。ここで竹輪がワンバウンドのストライク返球を見せた。プレートからやや三塁線寄り、絶好のラインに入り、捕手は捕ってそのままタッチにいくだけ。0-0の均衡を保ち、中盤までもつれた展開につながった。

 春の選抜大会に、重なるシーンがあった。健大高崎(群馬)との準々決勝。3回2死一、二塁から、中前打で本塁を狙った二塁走者の生還を阻んだ。この時のセンターは藤本舜(同)。今夏の甲子園ではアルプス席にいた。今年6月、左膝を骨折し、最後...    
<記事全文を読む>