反撃及ばず、初陣は敗戦に終わった。10日、聖心ウルスラ学園(宮崎)との1回戦。4回の攻撃前に仰ぎ見た一塁側アルプス席の景色を思い出し、早稲田佐賀の占部晃太朗主将(3年)は試合後、こらえきれずに泣いた。「スタンドを見たら…。諦めずに応援してくれている人たちがいました」。守りのミスもあって一挙4点を挙げられ、0-5とされた直後だった。

 早大を創設した大隈重信の生誕の地・佐賀に、中高一貫の系属校として開校されたのが2010年。同時に創部された野球部は、8年目で初めて黒土を踏んだ。取り巻く環境は甲子園常連校とは違う。ナインにとって、吹奏楽部の演奏をバックにプレーすること自体が初めてだっ...    
<記事全文を読む>