第99回全国高校野球選手権大会は10日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で1回戦4試合があり、佐賀県代表で春夏通じて初の甲子園に挑んだ早稲田佐賀は、宮崎県代表の聖心ウルスラ学園に2-5で敗れ、初陣を飾れなかった。

 早稲田佐賀は聖心ウルスラ学園の主戦・戸郷を完全には攻略できず、毎回の11三振。終盤2点を返したが、その後の好機を生かせなかった。

 早稲田佐賀は先発安在が低めを丁寧に突き、四回途中まで4安打3失点と粘投。継投した主戦森田は立ち上がりに連打と捕逸で2点を失ったものの、五回以降はバックの好守にも助けられて無失点に抑えた。

 四回まで無安打だった打線は中盤以降、8安打と奮起。5点を...    
<記事全文を読む>