第99回全国高校野球選手権大会第8日は8月16日、甲子園球場で2回戦を行い、高知県代表の明徳義塾は1―3で前橋育英(群馬)に敗れた。

 明徳は2年生の市川悠太投手が先発。一、二回と強気の内角攻めによる死球でピンチを招くも、いずれも無失点でしのいだ。4安打を集められた三回に先制点を許し、なお1死満塁とピンチが続いたが追加点は与えなかった。以降も力投を続けたものの、打線の援護がなく、七回に3長短打を浴びて2点を追加された。

...    
<記事全文を読む>