日大山形高校との初戦を8月9日に控えた高知代表の明徳義塾高校ナインは8日、兵庫県明石市の明石商業高校グラウンドで、1回戦に向け最後の練習を行った。

   割り当て練習は大阪府伊丹市の伊丹スポーツセンターで行う予定だったが、練習開始の30分ほど前に激しい雨が降り、グラウンドが使えない状態に。すぐさま馬淵監督や佐藤部長が親交のある近隣の学校に電話をかけ、明石商高のグラウンドを借りることになった。

   急きょ、バスで1時間近く移動することになっても、選手らはいつも通りの切れのある動きを披露した。フリー打撃後のシート打撃では、変化球のいい林がスライダーを多投。低いボール球に手を出す打者が...    
<記事全文を読む>