高知県代表の明徳義塾高校は8月9日、日大山形高校との1回戦を迎える。馬淵監督に、理想の試合展開などを聞いた。

   ―日大山形の印象は。

   「ビデオを何度か見た感じでは、打線は4番舟生君以外はそんなに長打はない。ほかはほとんど左打者で、左方向に打つ意識が高そうだ。山形大会の準決勝、決勝でも左投手にそういう打撃をしていた。同じようにくるのではないか。1番鈴木君、6番石川君、9番板坂君は足も速い。鈴木君は打撃センスもある」 ―どのように抑える?   「先発は左腕北本でいく。市川との継投の可能性が高い。ビデオの分析などで見つけた各打者の弱点はバッテリーに伝えてある。キャッチャーの構え...    
<記事全文を読む>