夏の甲子園に出場する高知代表の明徳ナインは8月6日、大阪府茨木市の大経大グラウンドで割り当て練習を行った。

  この日の大阪の最高気温は37・4度。これまでの割り当て練習では、見物人から「明徳のコーチは元気やあ」と言われてきた指導陣が、「これは、やばい…」(佐藤部長)「(スパイクが)熱すぎて足をやけどしそう」(内村コーチ)とこぼすほどの暑さだった。...

...    
<記事全文を読む>