【大阪支社】第99回全国高校野球選手権大会第11日は19日、兵庫県西宮市の甲子園球場で3回戦が行われ、本県代表の盛岡大付(2年連続10度目)は春夏連続の8強入りを懸けて済美(愛媛、4年ぶり5度目)と対戦。勝てば盛岡大付初の夏の8強入りで、県勢としては2013年の花巻東以来4年ぶりとなる。試合は午前8時に始まった。

 盛岡大付は18日、兵庫県尼崎市のベイコム球場で、守備や打撃の最終調整を行った。打撃練習では主力が快音を響かせ、順調な仕上がりを見せた。

...    
<記事全文を読む>