第99回全国高校野球選手権大会の開会式リハーサルが6日、甲子園球場(兵庫県西宮市)であり、県代表の東筑の選手たちも堂々と行進した。台風5号の影響で7日の開会式と第1日3試合が順延。全日程が1日繰り下がり、東筑は開幕初日8日の第2試合(午後1時開始)で、済美(愛媛)と対戦する。

 開会式リハーサルには全国の代表49校が参加し、北から南へと順に入場。東筑は42番目に登場し、甲子園の土を踏みしめた。

 県大会の優勝旗を手に、選手の先頭の安部滉平主将(3年)は「甲子園を歩き、実感が湧いた。開会式も胸を張って歩きたい。東筑の過去最高成績を超えるベスト8以上を目指したい」と意気込みを語った。

 ...    
<記事全文を読む>