第99回全国高校野球選手権大会第6日は13日、兵庫県西宮市の甲子園球場で2回戦4試合を行った。県代表で24年ぶり3度目出場の三本松は初出場の下関国際(山口)を9―4で破り、ベスト16入りを果たした。三本松は春夏通算4度目の出場で甲子園初勝利。

 県勢が夏の甲子園で初戦を突破するのは2011年の英明以来6年ぶりで、公立高校としては1996年の高松商以来21年ぶり。16強入りは、06年に初戦の2回戦を突破した香川西(現四学香川西)以来11年ぶりとなる。

 三本松は一回、先頭大久保の三塁打と続く多田の内野ゴロで先制し、二回は渡辺の左中間ソロで加点。六回には渡辺、下地の適時打などで3得点す...    
<記事全文を読む>