第99回全国高校野球選手権に出場している鳴門渦潮の野口智哉遊撃手、奥直人右翼手、竹内虎太郎外野手の3年生3人は関西出身の選手だ。古里を離れて甲子園出場の夢をかなえた3人は、旧友や恩師の前での活躍を誓っている。

  野口は奈良県橿原市、奥は大阪市、竹内は兵庫県西宮市出身。それぞれ中学時代は、関西の硬式野球のチームで活躍してきた。甲子園でプレーすることに憧れ、「高校で親元を離れることに抵抗はなかった」と口をそろえる。

  野口は中学3年の夏、父肇さん(50)の勧めで鳴門渦潮の体験入部に参加。広いグラウンドや充実した雨天練習場、最新のトレーニング機器・・・。野球漬けの日々を過ごせる環境が...    
<記事全文を読む>