第99回全国高校野球選手権大会の開会式リハーサルが6日、甲子園球場で行われ、鳴門渦潮の選手が本番さながらに、力強い足取りで憧れのグラウンドを踏みしめた。

  行進は名護(沖縄)の山下明弘主将が先導役を務めた。強い日差しが照りつける中、7年連続出場を果たした昨年優勝の作新学院(栃木)を先頭に、滝川西(北北海道)から興南(沖縄)まで北から南の順に、49代表校の約900人が歩調を合わせて歩いた。

 鳴門渦潮は徳島大会の優勝旗を手にした松﨑健太主将をはじめ、選手18人が元気よく行進した。

  松﨑主将は「全員の足並みがそろった。順延となったが、気持ちを切り替えて8日も胸を張って堂々と行進した...    
<記事全文を読む>