第99回全国高校野球選手権大会(7日開幕)に出場する鳴門渦潮高校(徳島県)野球部に、練習中のアクシデントで右目を失明するハンディを乗り越えてベンチ入りした選手がいる。ショックから一度は気持ちが折れそうになったが、チームメートの支えで奮起。徳島大会ではランナーコーチとして勝利に貢献した。苦難を克服した自信と仲間への感謝を胸に、憧れの聖地を踏む。

  2015年12月。近くから軽く投げたボールを打つトスバッティングの練習中、打者の打ち損じたボールが当時1年生だった竹内虎太郎選手(17)=3年=の右目を直撃した。

  後頭部に突き抜けるような痛みが走り、目と鼻から大量に出血。救急搬送され...    
<記事全文を読む>