7日開幕の第99回全国高校野球選手権に徳島県代表として出場する鳴門渦潮が2日、甲子園練習を行った。選手たちは午後4時から30分間、引き締まった表情で憧れのグラウンドの感触を確かめた。打撃陣は振りが鋭く、順調な仕上がりをアピールしていた。

  「いくぞ」。三塁側ベンチ前に整列したナインは松﨑主将の掛け声で勢いよくグラウンドに飛び出した。内外野に分かれてノックを受け、中継プレーや球場の広さ、甲子園特有の風向きなどを確認。堅実なグラブさばきを見せた横岡、野口の二遊間コンビは「打球が見やすく、ゴロをさばきやすい。自分の力を発揮できそう」と自信をのぞかせた。

  続いて有持、山田、鈴江の控え...    
<記事全文を読む>