第99回全国高校野球選手権大会(7日開幕)に出場する鳴門渦潮高校野球部の壮行会が2日、鳴門市の同校体育館であり、ナインが健闘を誓った。

 甲子園のベンチ入りメンバー18人が、全校生徒ら約700人に拍手で迎えられ入場。横岡隆幸副主将(18)=3年=が各選手を紹介した。中田寛志校長は「甲子園で自分たちの力を存分に発揮してください」と激励した。

 松﨑健太主将(17)=同=が「持ち前の打撃力と守備力を生かし、見ている人を楽しませて鳴門渦潮高の名を全国にとどろかせたい」と決意を述べた。

 壮行会後、選手は甲子園練習に向けて出発した。練習を終えるといったん帰県し、3日に同校を出発。4日の抽選会...    
<記事全文を読む>