>第99回全国高等学校野球選手権大会(7日開幕、甲子園)の組み合わせ抽選会が4日、大阪市のフェスティバルホールであり、初出場の山口県代表、下関国際の初戦は大会6日目(12日予定)の第2試合で香川県代表の三本松と対戦することが決まった。抽選順を決める予備抽選の結果、下関国際の植野翔仁主将が42番目で本抽選を引くことに。次々と組み合わせが決まる中、植野主将は「20B」を引き、既に「20A」を引いていた三本松との対戦が決まった。植野主将は「盆休みに入り観客も多くなる6、7日目あたりを狙っていたので良かった」と笑顔。坂原秀尚監督も「期待に応えてくれた」と主将をねぎらった。三本松は1900...    
<記事全文を読む>