全国高校野球選手権大会で初の栄冠を目指した広陵のプレーを23日、多くの広島県民が見守った。広島市南区のJR広島駅南口地下広場では大型テレビで試合が生中継され、詰め掛けた市民が声援を送った。試合には敗れたが、選手の健闘をねぎらう拍手が鳴り響き、市中心部には準優勝をたたえる懸垂幕が掲げられた。

...    
<記事全文を読む>