注目度ナンバーワンのスラッガーが、高校球史に名を刻んだ。22日、甲子園球場(兵庫県西宮市)で行われた全国高校野球選手権大会準決勝の天理戦で、広陵の中村奨成捕手(3年)が今大会通算6本となる2本塁打をマーク。プロ野球西武などで活躍した清原和博氏(PL学園)の1大会最多本塁打(5本)を32年ぶりに更新し、大喝采を浴びながらダイヤモンドを一周した。

 一回の第1打席。一発を期待する観衆の大きな拍手に応えるかのようにいきなり先制の中越え2ラン。清原氏の記録に肩を並べると、1点を追う五回の第3打席は先頭打者で2ボールから甘い球をフルスイング。「打った瞬間いったと思った」。打球は最も深い左中...    
<記事全文を読む>