第99回全国高校野球選手権大会(7日開幕)に初出場する岡山県代表の山陽ナインは4日午前、組み合わせ抽選会に先立ち、兵庫県西宮市で甲子園練習に臨み、憧れのグラウンドの感触を確かめた。

 春夏を通じ初めての聖地。選手たちは川田友主将(3年)の掛け声で、うれしさを隠しきれないように勢いよくグラウンドに飛び出した。

 割り当てられた30分間の前半はノックを行い、内野手はゴロの弾み具合、外野手は飛球をキャッチして甲子園特有の浜風を体感した。「フライは風でかなり伸びる。注意深く打球を追い掛けたい」と左翼の守備についた片岡晃大外野手(3年)。

 シート打撃では大江海成(3年)、有本雄大(2年)の両...    
<記事全文を読む>