山陽ナインは31日、岡山市北区柳町の山陽新聞社を訪れ、晴れ舞台に向け抱負を語った。

 松田正己社長が川田友主将に花束を手渡し、「素晴らしい打撃力で勝ち上がられた。県民の期待を背負って頑張ってほしい」と激励。原田校長は「打力はもちろん、基本がしっかりとできるチーム」と紹介し、堤尚彦監督は「多くの皆さんが応援してくれている。岡山代表として勝ちたい」と述べた。

 創志学園との決勝の引き分け再試合で8回を無安打無失点に抑えた大江海成投手(3年)は「再試合のような良いピッチングを甲子園でもする」と話した。

 ナインはこの日、岡山県庁も訪問し、伊原木隆太知事に甲子園出場を報告した。 <記事全文を読む>