「松蔭らしさを見せた」-。第99回全国高校野球選手権大会4日目の11日、17年ぶりに夏の甲子園に出場した米子松蔭高は、優勝候補の一角の大阪桐蔭高と対戦し1対8で敗れた。三塁側アルプススタンドを埋めた3千人の大応援団は、強豪に立ち向かう選手たちに惜しみない声援を送り、その健闘ぶりをたたえた。

...    
<記事全文を読む>