7日に兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕する予定だった第99回全国高校野球選手権は、台風5号の接近で荒天が予想されるため、8日に順延となった。同日午前9時から開会式を行う予定で、当日早朝に実施の可否を判断する。大会本部が6日、発表した。選手や観客の安全面を考慮して早めの決定となった。

 大会日程は1日ずつずれ込むことになり、8日以降の試合が順調に消化されれば、決勝は22日。山陰両県勢の初戦は島根代表の開星が10日、鳥取代表の米子松蔭は11日となる。

 大会本部によると、開会式が延期されるのは1920年の第6回大会、60年の第42回大会、2014年の第96回大会以来4度目。第96回大会は...    
<記事全文を読む>