和歌山県高校野球連盟は17日、来年に第100回を迎える全国高校野球選手権大会の記念事業として、12月に県代表チームが台湾の台北市で遠征試合をすると発表した。

 遠征期間は12月23~29日。台北の高校生チームと計4試合を予定している。遠征に参加する選手は県高野連加盟校から1、2年生18人を選抜する。県新人戦や秋季近畿大会県予選での戦いを総合的に評価し、10月13日に決定する。

 県代表チームの監督は米原寿秀さん(42)=和歌山東監督=、コーチは吉水智章さん(33)=紀央館監督=、半田真一さん(37)=市和歌山監督。この他、遠征には県高野連の花本明会長ら役員8人が参加する。

 県高野連...    
<記事全文を読む>