第99回全国高校野球選手権大会第13日は22日、甲子園球場で準決勝が行われ、県代表の天理は広陵(広島)に敗れ、決勝進出はならなかった。23日の決勝は広陵―花咲徳栄(埼玉)の顔合わせとなった。広陵は準優勝した2007年以来10年ぶり、花咲徳栄は初の決勝進出で、ともに初優勝を狙う。

 広陵は中村が一回の2ランに続き、五回には清原(PL学園)が持つ大会記録を更新する今大会6号本塁打を放つ活躍で12―9と天理に打ち勝った。

...    
<記事全文を読む>