第99回全国高校野球選手権大会(7日から14日間)の出場校による甲子園練習が1日、兵庫県西宮市の同球場であり、県代表の天理は約30分間、心地よい汗を流し、甲子園の感触を確かめた。

 天理は実際に走者を置いて練習に取り組んだ。まずは1塁から始まり、1、2塁と走者を進め、違ったアウトカウントを想定し、状況に応じた打撃と守備の練習を一度にこなした…

...    
<記事全文を読む>