神戸国際大付の2番栗原と6番谷口の2年生コンビがバットで存在を誇示した。

 選抜大会後、小技の確実性を評価されてレギュラーを勝ち取った栗原は長打を含む2安打。一回の右中間三塁打は「単打はいらない場面」と引っ張り、六回は左前へ流し打って快音を響かせた。

...    
<記事全文を読む>