最後まで全力で戦ったナインに、球場全体から惜しみない拍手が送られた。第99回全国高校野球選手権大会第10日の18日、兵庫代表の神戸国際大付は3回戦で天理(奈良)に惜敗し、兵庫勢6年ぶりのベスト8進出はならなかった。がっぷり四つに組み、延長十一回までもつれた激戦。一塁側アルプススタンドに詰め掛けた保護者やOBらは、勝利を信じて声援を送り続けた。

...    
<記事全文を読む>