揺るぎない打線の核であり、屈指の強肩を誇る扇の要。神戸国際大付の4番捕手・猪田は「投手3人の良さを引き出し、打撃ではここぞで決めたい」と攻守両面での貢献を誓う。

 前チームの昨夏から4番に座り、今夏の兵庫大会の4本塁打、14打点はチーム最多。全試合で打点を挙げ「4番が打って点を取れば負けない」と自覚を新たにした。

...    
<記事全文を読む>