第99回全国高校野球選手権大会2回戦の北海(南北海道)戦で、2打席連続本塁打を放った神戸国際大付の2年生谷口嘉紀が、18日の3回戦・対天理(奈良)戦の第1打席で、大会史上初の「3打席連発」に挑む。同点ソロ、逆転スリーランでチームを救ったスラッガーから目が離せない。

 兵庫大会は打率4割7分1厘と結果を残したものの、長打は二塁打1本だけで「調子は良くなかった」。北海戦も最初の2打席は簡単に凡退していただけに「2本とも『ほんまに打ったんかな』と思いながらベースを回っていた」と振り返る。2打席連続本塁打は大会史上32人目で、兵庫勢としてはプロ野球の近鉄などで活躍した報徳の金村義明氏以来...    
<記事全文を読む>