神戸国際大付は2失策が失点につながった。三回、三塁手からの送球を一塁手の片岡がこぼし、七回には遊撃手の田淵主将が悪送球。攻撃力でミスを埋めたが、片岡は「(捕球後に)走者とミットが当たってしまった」と反省し、田淵主将は「まだ力が足りない」と肩を落とした。

...    
<記事全文を読む>