第99回全国高校野球選手権大会の開会式リハーサルが6日、兵庫県西宮市の甲子園球場で行われた。地元兵庫代表で3年ぶり2度目出場の神戸国際大付ナインは、落ち着いた様子で聖地を歩いた。7日に行う予定だった開会式と1回戦3試合は、台風5号接近の影響で8日に順延された。

 行進は市西宮の女子生徒が49代表校のプラカードを手に先導。前年優勝の作新学院(栃木)に続いて、滝川西(北北海道)から興南(沖縄)まで北から南の順に歩いた。滝川西の堀田将人主将が選手宣誓の練習を行った。

 神戸国際大付は春夏連続の甲子園出場。行進の号令を務めた荒木恵亮内野手は「春は緊張したが、今日は気持ちに余裕があった。本番...    
<記事全文を読む>