第99回全国高校野球選手権兵庫大会で3年ぶり2度目の優勝を飾った神戸国際大付の内尾徹校長、田阪茂政部長、青木尚龍(よしろう)監督が31日、神戸市中央区の神戸新聞社を訪れ、今春選抜大会に続く甲子園出場の喜びを語った。

 神戸国際大付は岡野佑大投手、猪田和希捕手のバッテリーを軸に投打が安定。準決勝で今春選抜大会4強の報徳を2-1で破り、決勝は明石商に4-0で完封勝ちした。

 激戦区の兵庫で、春夏連続の甲子園出場は2007年の報徳以来、10年ぶりの快挙。青木監督は「いろんな学校が甲子園に行っている中、それが一番うれしい」と笑顔を見せ、07年まで部長を務めた内尾校長も「『どうしたら夏に勝て...    
<記事全文を読む>