◆彦根東6-5波佐見 彦根東は開幕試合で長崎代表の波佐見と対戦し、劇的な逆転サヨナラ勝ちを飾った。八日に始まった第九十九回全国高校野球選手権大会。公立校同士の一戦はともに一歩も譲らず、目が離せない展開に。1点を追う彦根東が九回に粘って同点とし、2死一、二塁から岩本の右前適時打で試合を決めた。彦根東は春夏合わせて五回目の甲子園出場で、念願の初勝利を収めた。◆研究が生んだ一発 吉本選手 「赤鬼旋風」を予感させるベンチとスタンド、選手が一丸となった念願の初勝利だった。中盤までの流れをつくったのは、三回に豪快な逆転本塁打を放った吉本孝祐選手(三年)。一日の順延で得られた貴重な情報を生かし...    
<記事全文を読む>