5日、彦根東ナインは鳴尾浜球場(兵庫県西宮市)で練習した。7日の開会式直後の開幕試合が初戦とあって、真剣な面持ちで調整していた。

 午前中は散歩や自習の時間を設け、普段通りの生活リズムで気持ちを落ち着けた。練習は午後2時から2時間行った。フリー打撃ではマシンと打撃投手を交互に打った。

 シート打撃は対戦相手の波佐見の左腕、村川竜の攻略に主眼を置き、エンドランのほか、送球間の隙をついた盗塁にも取り組んだ。中堅手の太田は「いつも通りの感覚で体を動かせている。相手はいい投手なので、しっかりボールを見極めたい」と話した。

...    
<記事全文を読む>