【全国高校野球選手権大会2回戦・坂井6―7明豊(大分)】 初めての聖地は苦しいマウンドだった。坂井の左腕吉川大翔は明豊打線を相手に粘り強く投げたが、15安打7失点。八回には逆転2ランを浴び「ピンチで抑えられなかった」と肩を落とした。

 序盤は大胆に内角を突き、打たせて取る投球を展開した。「思った以上に球速が出てなくて、本来の投球とは程遠かったが、気持ちで放ってくれた」と川村忠義監督。七回を除き毎回走者を背負い、悪いなりに七回まで4失点でしのいだ。

 味方が2点を勝ち越した直後の八回。「みんなに助けてもらった後だったから、これ以上点はやらない」と気合を入れた。1点を失い、2死二塁でそ...    
<記事全文を読む>