【甲子園臨時支局】県代表の明豊は10日、大阪大会の決勝が行われた大阪市の大阪シティ信用金庫スタジアムで、坂井(福井)戦を見据えた調整を続けた。

 この日も打撃中心のメニューだった。まず左投手を想定した練習でナインは快音を響かせていた。甲子園球場よりも高い外野フェンスのある球場だが、代打の切り札として期待される三好泰成(3年)らは意に介さず、柵越え弾を放って好調さをアピールしていた。

 前日に続いてシート打撃を行い、ベンチ登録の4投手が交代で味方打線と対峙(たいじ)した。3番手で登板した三浦竜成(同)は厳しいコースを意識しすぎたか、制球がやや乱れた点を振り返りながら「決め球の精度をも...    
<記事全文を読む>