第99回全国高校野球選手権大会の開会式リハーサルが6日、兵庫県西宮市の甲子園球場であり、県代表の明豊も全国の代表校とともに入場行進を練習した。

 代表49校は北から南の順に入場。明豊は三村鷹人主将(3年)を先頭に登場した。橋詰開斗投手(同)は「グラウンドの感触はふわふわだった。これまでの努力が実ってここに立っていると思うと、気持ちがよかった」。「1、2」と号令を掛けた尾田智哉選手(同)は「みんなが自然と足が上がるように、大きな声を出した。本番では胸を張って堂々と歩きたい」と笑顔を見せた。

 台風5号の接近に伴い、7日の開会式と第1日の試合は8日に順延となり、全日程が1日繰り下がった...    
<記事全文を読む>