7日開幕の全国高校野球選手権に8年ぶりに出場する石川代表の航空石川ナインが3日、甲子園球場で練習した。30分の練習時間の大部分を打撃練習に使った。選手の意向をくんだという中村隆監督は「攻めていきたい。守りの野球はしたくない」と言葉に力を込めた。

 豪快にバットを振った2年生の4番上田優弥は「楽しかった。球場の感じはかなりつかめた。投手は見やすい。長打を打ちたい」と初戦をにらみ、三桝春樹主将は「自分たちの野球ができるようにしたい。ベスト8以上を目指す」とあらためて目標を口にした。

 輪島中OBのエース右腕佐渡裕次郎はマウンドの感触を確認。躍動感あるフォームから変化球も試し「得意のスラ...    
<記事全文を読む>