全国高校野球選手権石川大会で優勝し、甲子園出場を決めた日本航空石川の選手が三十一日、輪島市の校内にあるグラウンドで練習を再開した。大観衆の甲子園を想定し、音楽を大音量で流しながらの練習。大舞台の雰囲気にのまれないよう早速、対策を講じた。

 「情熱大陸」「必殺仕事人」「ハイサイおじさん」-。甲子園でおなじみの応援曲が、グラウンド横に設置した高さ百七十センチほどのスピーカー二本から鳴り響く中、選手たちは守備練習などに汗を流した。甲子園では大声援で選手同士の声が聞こえなくなるケースも想定されるため、中村隆監督(33)の発案で導入した。

 中村監督は「初めは音楽に気を取られて声が通ってい...    
<記事全文を読む>