8年ぶり2度目となる夏の全国高校野球選手権大会の出場を決めた航空石川ナインは31日、輪島市の同高野球場で、7日開幕の甲子園の大舞台に向けて練習を再開した。

 中村隆監督は「甲子園では一つのミスが負けに直結する」と気を引き締め、選手にげきを飛ばしながらノックを浴びせた。

 中村監督のアイデアで、甲子園の大歓声で選手同士の声が届きにくい状況を想定し、バックネット裏にスピーカーを設置して応援歌を大音量で流しながら練習した。選手は入念にサインプレーなどを確認した。

 三桝春樹主将(3年)は「石川大会ではミスも目立った。しっかり修正し万全の状態で臨みたい」と力を込めた。主砲の上田優弥(2年)は...    
<記事全文を読む>