第62回全国高校軟式野球選手権大会は24日、兵庫県の明石トーカロ球場などで開幕して1回戦4試合が行われ、北信越地区代表の富山商は初出場の四国学院大香川西(四国)を4―1で下して準々決勝に勝ち進んだ。

 3年ぶりの優勝を目指す中京学院大中京(東海・岐阜)は佐伯が文徳(南部九州・熊本)を3安打完封し、2―0で勝利。仙台商(南東北・宮城)は福岡大大濠(北部九州)を5―2で破った。登別明日中教校(北海道)は31年ぶり出場の玉島(東中国・岡山)との接戦を1―0で制した。

 16校が参加し、29日に決勝が行われる。

...    
<記事全文を読む>